Skip to content

TUFS Today Vol.41

━TUFS━━━━━━━━━━━━━━━
東京外大メルマガ TUFS Today Vol.41
━━━━━━━━━━━━━━━TUFS━
2016.8.19発行

東京外国語大学メールマガジン第41号をお送りします。夏学期に入って1ヶ月余り経ちました。学生の姿が少なくなったキャンパスですが、大学では活動の秋に向けて、さまざまなイベントの準備を進めています。今回のメルマガでは、今年100周年を迎えた本学のポルトガル語教育について特集します。

━━━+ 目  次 +━━━━━━━
▼ お知らせ
▼ これからのイベント
▼ 特集:TUFSポルトガル語100周年!
▼ 東京外大ニュース
▼ 動画でみる東京外大
▼ 受験生必見!入試情報   ほか
————————————
○ウェブ広報誌TUFS Todayもご覧ください。
前回メルマガ配信以降に公開した特集は・・・
◆◇ CAAS教員から学ぶ日本
https://tufstoday.com/articles/160808-2/
◆◇ [学長鼎談]東京外国語大学監事、寺前隆監事・桑原道夫監事
https://tufstoday.com/articles/160817-2/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■━━━━━━━━━━━━■
お知らせ
■━━━━━━━━━━━━■

【Visit! TUFStagram】大学公式Instagram:TUFStagramを始めました
東京外国語大学公式Instagram(インスタグラム)ページ「TUFSstagram」を開設しました。
公式Instagramでは、入学希望者・在学生・卒業生の皆さん、東京外国語大学を応援くださっている皆さんに、四季折々のキャンパス風景や東京外国語大学の魅力を、写真やショートムービーを用いて伝えていきます。随時更新していきますので、ぜひご覧ください。
アカウント名:tokyogaidaiuniversity
https://www.instagram.com/tokyogaidaiuniversity/

【受講者募集】TUFSオープンアカデミー講座(秋期間)受講者(募集期間:9月1日10:00-9月23日)
東京外大では、市民に開かれた学術的な生涯学習の場として、TUFSオープンアカデミー講座(公開講座)を開設しています。秋期間も28言語の語学講座と教養講座、計91講座を開講予定です。9月1日午前10時より、秋期間アカデミー講座の受講生の受付を開始しますのでおしらせします。
↓↓↓詳細・お申込方法↓↓↓
http://www.tufs.ac.jp/common/open-academy/index.html

■━━━━━━━━━━━━■
これからのイベント
■━━━━━━━━━━━━■
東京外大が開催するさまざまなシンポジウム・セミナー・公開研究会などのイベント情報は、本学HPのイベント情報や公式Facebook/Twitterで配信しています。興味があるイベントをチェックして、ぜひご参加ください!
http://www.tufs.ac.jp/event/

【:::: 近々開催される注目イベント! ::::】

● 公開講演会「9・11から15年 中東の混迷と『イスラム国』」
>>9月11日(日)13:00-17:00、会場:大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)
http://www.tufs.ac.jp/event/general/91115.html

● 社会・国際貢献情報センター講演会「地政学を左右する国際エネルギー情勢」松尾博文氏(日本経済新聞社 論説委員兼編集委員)【申込〆切9/9】
>>9月16日(金)14:00-15:30、会場:川崎汽船(東京都千代田区)
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_792.html

● ポルトガル語教育100周年記念イベント
>>9月30日(金)・10月1日(土)【申込〆切9/22】
http://www.tufs.ac.jp/event/general/poruka100.html

この他にも一般公開で行われるイベントがたくさんあります。
イベント情報をぜひチェックしてみてください!
http://www.tufs.ac.jp/event/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
【特集】TUFSポルトガル語教育100周年!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

本学におけるポルトガル語教育は、1916年に始められました。本年で100周年を迎えます。
この機会に、簡単に本学ポルトガル語教育の歴史をたどります。

○日本とポルトガル(語)のはじまり
ポルトガル語は日本が直接接触した最初のヨーロッパ語です。記録に残っている限りでは、1549年に来日したイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルが通訳として連れてきた弥次郎が最初にポルトガル語を習得した日本人であると言われています。弥次郎はインドのゴアにあったセミナリオでポルトガル語を学んだとされています。その後、長崎の出島にオランダ商館が置かれ、日本とヨーロッパと結ぶ唯一の窓口となりました。われわれ日本人はポルトガル人を通じてヨーロッパを知り、蘭学が江戸時代における洋学のすべてでした。ところが不幸にして、日本とポルトガルの関係は、1639年の鎖国によって途絶えます。

○西洋文化の摂取
明治に入って、300年の鎖国を開いた日本は、文明開化という名の下に積極的に西洋文化の摂取に努め、諸外国語の習得に取り組みました。
本学の前身である「高等商業学校附属外国語学校」が1897年に創設され、英独仏露西清韓語の7語科が発足します。2年後には高等商業学校から独立して「東京外国語学校」となり伊語科が加えられましたが、近代化に大きく遅れをとったポルトガルはもはや日本の見習うべき模範とはなり得ず、ポルトガル語はしばらく本学で教授されることはありませんでした。

○ポルトガル語学科の創設
東京外国語学校にポルトガル語の学科が設立されるのは、旧外国語学校が創設された1897年から数えて19年後の第一次世界大戦のさなか、1916年のことです。設立理由は明記されていませんが、20世紀初頭から始まったブラジル移民の増加によることは明らかなようです。

○設立当時
ポルトガル学科設立当時、東京外国語学校は神田区錦町にありました。学科は新設されましたが、本科入学者はおらず、同時に設立された専修科生(夜間二年課程)として4名の生徒が入学するのみでした。1917年4月、お雇い外国人教師としてジョアン・ダマラル・アブランシャス・ピント先生が着任し、山口鐵次郎先生とふたりでポルトガル語の授業を担当しました。1922年3月、ようやく本科第1回生9名が本学を卒業しました。

○新制東京外国語大学後
1949年、国立学校設置法により、東京外国語大学が設立されました。ポルトガル学科という名称がそのまま引き継がれますが、その後、次のように変遷され名称が変わります。
1949年 ポルトガル学科 → 1951年 第五部第二類 → 1961年 ポルトガル・ブラジル学科 → 1964年 ポルトガル・ブラジル語学科 → 1995年 欧米第二課程ポルトガル語

○現在
1980年代の高度成長によって多くの日系ブラジル人が居住するようになりました。サンバ、ボサノヴァの流行やJリーグにおけるブラジル人サッカー選手の活躍などにより、ポルトガル語は私たちの日常生活にも徐々に浸透するようになりました。
2012年、本学は言語文化学部と国際社会学部の2学部に改編し、言語文化学部でポルトガル語を専攻する学生、国際社会学部で西南ヨーロッパ第2地域あるいはラテンアメリカ地域を専攻してポルトガル語を学ぶ学生がいます。

○TUFSポルトガル語教育100周年!
この長きにわたって、日々の教育活動を推進することができたのは、ひとえに本学を応援してくださっている方々の温かいご指導とご支援の賜物であると心より感謝しています。感謝を込めて、ポルトガル語教育100周年記念イベントを開催します。【要申込:poruka100@tufs.ac.jp、9月22日(祝)まで】
————-
9月30日(金)15:30~18:15(15:00開場)
記念講演「現代文学とポルトガル語」マルコ・アメリコ・ルケッズィ(通訳あり)
記念コンサート「サウダージの風」ピアノ 徳江陽子
<同時開催:ペドロ・メデイロス写真展「Carta ao Futuro 未来への手紙」>
10月1日(土)13:00-17:00(12:30開場)
基調講演「東京外国語大学とポルトガル語教育―100年をふりかえる―」金七紀男(東京外国語大学名誉教授)
パネル・セッション「ポルトガル語とグローバリゼーション」
パネル・ディスカッション「東京外国語大学のポルトガル語教育を論ず!」  他
————-
詳細は、大学HPイベント情報をご覧下さい。
http://www.tufs.ac.jp/event/general/poruka100.html

■━━━━━━━━━━━━■
東京外大ニュース
■━━━━━━━━━━━━■
東京外大の最新ニュースをお届けします。

■学生の活動・受賞■

○ボランティア活動スペース(VOLAS)学生企画:「外国につながる子ども」学習支援でお楽しみ会を実施
7月15日(金)、ボランティア活動スペース(VOLAS)を拠点として外国につながる子どもへの日本語学習支援に参加している学生が「お楽しみ会」を企画し実施しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/volas_715.html

○本学学生が府中市の学習支援教室で中学生向けの学習支援を実施
7月11日から15日の5日間、本学学生が府中市内5か所にある学習支援教室において、府中市在住の経済的に困難を抱える家庭の中学生を対象に学習支援を行いました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/volas_711715.html

○本学学生・卒業生が、和道流空手道連盟国際大会において「言語サポーター」「言語文化サポーター」として活躍
7月30日(土)、31日(日)、和道流空手道連盟の国際大会が東京武道館で開催され、本学学生および卒業生が「言語サポーター」「言語文化サポーター」として活躍しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/post_793.html

■来訪・国際交流■

○ジンバブウェ大学より学術交流協定の担当教授が来訪
8月17日(水)、ジンバブウェ大学より学術交流協定の担当教授であるジャカニョルワ・ウィルバード・サドンバ応用社会科学センター教授が本学を訪問し、小林副学長(国際学術交流担当)、飯塚アジア・アフリカ言語文化研究所長らと懇談しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/817.html

■イベントの実施報告■

○ TUFSショートステイサマープログラム2016を実施
7月8日(金)から8月2日(火)の期間、日本語を学ぶTUFSショートステイサマープログラムが開講されました。本プログラムでは、本学協定校を中心とした世界12か国、15大学からの留学生64名が参加し、修了証を授与されました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/tufs2016.html

○ 三大学合同イベント「イノベーティブ 総合コミュニケーションデザイン」を開催
7月29日(金)、本学・農工大・電通大の連携によるイベント「イノベーティブ 総合コミュニケーションデザイン」が開催されました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/_729.html

○ 第2回英語教育セミナーを開催
7月30日(土)、高等学校等の英語科を担当する先生方を対象とした「英語教育セミナー」が開催されました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/2730.html

■━━━━━━━━━━━━■
動画でみる東京外大
■━━━━━━━━━━━━■
本学では、各種イベント・体験授業などの一部をYouTube: TUFS Channelにより動画で配信しています。興味のある動画をチェックしてみよう!

【図書館学習相談ガイダンス】「英語のレポートのABC」
https://www.youtube.com/watch?v=i_iil2d-sM4&feature=youtu.be

■━━━━━━━━━━━━■
受験生必見!入試情報
■━━━━━━━━━━━━■

■学部入試情報■
2017年(平成29年)度言語文化学部入学者選抜の変更について(予告)
2017年(平成29年)度言語文化学部入学者選抜の入学後の配属地域に変更があります。
http://www.tufs.ac.jp/admission/doc/exam_160322_gengo.pdf

■オープンキャンパス■
第2回オープンキャンパスは、外語祭初日の11月19日に開催予定です。
http://www.tufs.ac.jp/admission/opencampus/

■体験授業■
11月14日に本学で体験授業を開催します。
http://www.tufs.ac.jp/admission/opencampus/taiken.html

■大学進学説明会■
http://www.tufs.ac.jp/admission/opencampus/orientation.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*☆* Facebook・Twitterでも、東京外大情報を日々発信中!*☆*
https://www.facebook.com/TUFS.PR
https://twitter.com/TUFS_PR

*☆* ウェブ広報誌で新たな外大ネタをゲットしよう!*☆*
https://tufstoday.com/date/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

____________________________________
メールマガジンTUFS Today 第41号は以上です。次号は、9月5日送信予定です。
お問い合わせ・ご意見は、下記メールアドレスまでお寄せいただけば幸いです。
tufstoday-reg@tufs.ac.jp
発行者:東京外国語大学広報マネジメント室
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
http://www.tufs.ac.jp/
Copyright (C) Tokyo University of Foreign Studies.
All Rights Reserved.