Skip to content

TUFS Today Vol.20

東京外国語大学メールマガジン

Vol.20 2015.1.20

==目次===

  • ひとこと
  • 特集: 立石博高学長より、新年メッセージ
  • ニュース
  • これからのイベント・お知らせ
  • 入試関連

ひとこと

東京外国語大学メールマガジン第20号をお送りします。
皆様、お元気で新しい年をお迎えのことと存じます。今年が皆様にとってご多幸ある年となることを心よりお祈り申し上げます。さて、メールマガジン新春号では、立石学長による新年メッセージをお送りします。学長のリーダーシップのもと、本年も教職員一同、本学の使命をしっかり胸に刻み前進して参ります。今後も引き続き皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


特集:立石博高学長より、新年メッセージ

今年は第二次世界大戦の終結から70年目を迎えます。

その戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上もっとも悲惨な戦争となりました。その犠牲者の数は、軍人・民間人を合わせて5000万~8000万人と推計されています。

「国際の平和および安全を維持する」ために国際連合が戦後ただちに設立されたのは、戦争を二度と繰り返さないという諸国民の強い意思の表れであったのです。

ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)もまた、再びこのような過ちに陥らないよう、教育と文化の振興を目的としてつくられた機関でした。ユネスコ憲章の前文にある「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」との文言は、その精神をみごとに表しているといえます。

1873年に東京外国語学校として建学された本学の歴史は、19世紀末から20世紀前半の時代に翻弄され、あるときは東京貿易殖民語学校へと校名変更するよう圧力を受け、第二次世界大戦の末期には東京外事専門学校と改称されました。

そして1949年、新制大学として新たなスタートを切ったときに本学は、伝統的な「東京外国語」という校名を保持しつつも英語名には「Tokyo University of ForeignStudies」を採用しました。加えて、「外国の言語とそれを基底とする文化一般につき、理論と実際にわたり研究教授し、国際的な活動をするために必要な高い教養を与え、言語を通して外国に関する理解を深めることを目的とする」として、本学の目的と使命を明確にしたのでした。

爾来、60有余年が経過していますが、グローバル化が進行するなかで、民族、エスニシティ、宗教、風習と生活などの差異を対立軸とするようなさまざまな軋轢や紛争、そして戦争が世界の各地で生じています。相手の文化に対する無知や無理解、さらには偏見や敵意がその根底にあるといえます。一方で、こうした対立を乗り越えるべく真摯な努力も積み重ねられています。その一つがユネスコによる動きで、2005年には「文化的表現の多様性の保護及び促進に関する条約」が採択されています。そこでは、「諸民族のあいだに架け橋を築くべく文化的な相互交流を発展させるためにインターカルチュラリティ(interculturality)を育成すること」が謳われています。そしてインターカルチュラリティとは「さまざまな文化の存在と公平な相互交流、そして対話と相互の尊重を通じて共通する文化表現を生みだす可能性」と定義されています。

本学は、昨年9月に「スーパーグローバル大学創成事業」の大学に選ばれて、言語研究と地域研究を二つの柱として日本のグローバル化を牽引する大学へと飛躍しようとしています。すなわち、「世界から日本へ、日本から世界へ―人と知の循環を支えるネットワーク中核大学―」という構想の実現です。こうした大切な局面にあるからこそ、第二次世界大戦の終結から新制大学の発足にいたる時期の「平和の砦」を希求するという瑞々しい理想を想い返し、しっかりと本学の目的と使命を再確認する必要があると考えます。そして最近のユネスコの動きも踏まえて、21世紀の東京外国語大学(TUFS)の目指す方向を次のように高らかに謳いあげたいと思います。

《TUFS Towards Interculturality through Language and Area Studies》

皆様のご支援とご協力をお願いします。

2015年1月
東京外国語大学長 立石博高


ニュース

◆1.本学学生が「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」に学生ボランティアとして参加
11月9日(日)~12日(水)の4日間、本学の学生8名が、名古屋の国際会議場で開催された「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」において、各国代表団の補助ボランティアを務めました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/esd.html

◆2.本学学生が全日本学生ドイツ語弁論大会で3位を獲得
12月6日(土)に開催された第15回「全日本学生ドイツ語弁論大会」(主催:京都外国語大学)において、殿村さおりさん(外国語学部ドイツ語専攻4年)が、3位のオーストリア大使賞を受賞しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/15.html

◆3.本学卒業生がイタリア語スピーチコンテストで3位を獲得
12月6日(土)に開催された第24回「イタリア語スピーチコンテスト」(主催:公益財団法人日伊協会、イタリア文化会館)において、本学卒業生の齊藤紀子さん(2011年卒業 イタリア語専攻)が3位に入賞しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/24_11.html

◆4.スペインのデウスト大学長が本学を来訪
12月8日(月)、デウスト大学(スペイン)のホセ・マリア・ギベルト学長が立石学長を表敬訪問し、川上茂信准教授、久米順子准教授(ともにスペイン語担当)らと懇談しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/128.html

◆5.多文化社会実践研究・全国フォーラムを実施
12月13日(土)、「多文化社会実践研究・全国フォーラム(第8回)―多様性があたりまえの社会をめざして」(多言語・多文化教育研究センター主催)を開催し、全国各地から約200名の方が参加しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/81213.html

◆6.本学学生がイタリア語弁論大会で在大阪イタリア総領事賞を受賞
12月13日(土)に開催された第8回「全日本学生イタリア語弁論大会」(主催:京都外国語大学、後援:在日イタリア大使館他)において、宮原千夏さん(外国語学部イタリア語専攻4年)が在大阪イタリア総領事賞を受賞しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/8_4.html

◆7.岩崎稔国際社会学部長が杉並区立和田中学校へ出講
12月13日(土)、高大連携事業の一環として、杉並区立和田中学校の「Universal よのなか科」に、岩崎稔国際社会学部長が出講し、『「グローバル化」と「国際社会」』と題して講義を行いました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/1213.html

◆8.本学チアリーディング部RAMSが日本チアリーディング協会全日本学生選手権大会で2位を獲得
12月13日(土)~12月14日(日)に開催された第26回全日本学生選手権大会(主催:日本チアリーディング協会)において、本学チアリーディング部RAMSがパートナースタンツ演技競技で2位を獲得しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/rams26.html

◆9.本学学生が第18回司馬遼太郎フェローシップを受賞
12月15日(月)、第18回司馬遼太郎フェローシップ(主催:司馬遼太郎記念財団)に、石井宏樹さん(外国語学部トルコ語専攻4年)の企画「オスマンの古民家と、植物の彩色絵を巡る旅」が選ばれました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/18_2.html

◆10.外語祭が第6回学園祭グランプリでMVPを受賞
12月19日(金)に開催された「第6回学園祭グランプリ(主催:レッツエンジョイ東京)」において、第92回外語祭が総合1位(MVP)を、フランス語科料理店「ポーピエット」がグルメ部門・名物料理レシピコンテスト1位を受賞しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/6mvp_1.html

◆11.進学・留学のための相談・体験イベント「第2回 GO GLOBAL JAPAN EXPO」に参加
12月21日(日)に開催された「第2回 GO GLOBAL JAPAN EXPO」(文部科学省など主催)に参加し、高校生に対し、本学の留学制度・留学支援制度の説明や在学生からの留学体験談などがおこなわれました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/2go_global_japan_expo.html

◆12.ショートステイウィンタープログラム2015開講式を開催
1月7日(土)、留学生日本語教育センターさくらホールにおいて、ショートステイウィンタープログラム2015の開講式が開催されました。ショートステイウィンタープログラムは、計24名の学生を迎えて、1月8日から2月6日まで開講されます。
http://www.tufs.ac.jp/topics/201517.html

◆13.”就業力”が育つ大学ランキングの「大学生活満足度ランキング」で本学が総合1位を獲得
「日経CAREER MAGAZINE“受験から就職まで 親と子のかしこい大学選び”2015年版」(日本経済新聞出版社、2014年6月17日)の特集「本当の“就業力”が育つ大学ランキング:大学生活満足度ランキング」で、本学が総合ランキング1位に輝きました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/post_588.html

◆14.「たふこみゅフライデイ」が面白い!
キャンパスの国際交流を企画運営する学生の委員会「TUFS多文化コミュニティ」(通称たふこみゅ)が、毎週金曜日昼休みに、アゴラグローバル1階多文化交流スペースにて、「たふこみゅフライデイ」の活動を行っています(2014年度後期の活動例:11月28日ロシアデイ、12月5日アラビアデイ、12月19日たふこみゅミニコンサート、など)。今年度のたふこみゅフライデイは、1月いっぱい続きます。
http://www.tufs.ac.jp/topics/post_591.html

◆15.第1回市民聴講生の集い『21世紀の大学と市民の学び』を開催
1月15日(木)、留学生日本語教育センター交流室において、市民聴講生有志による市民聴講生の集い(第1回)が開催され、参加した20名以上の熱心な聴講生を前に、ゲストの岩崎国際社会学部長が「21世紀の大学と市民の学び」の意義と可能性を論じました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/121115.html

◆16.TUFS Today
○2014年の東京外国語大学を振り返る
○立石博高学長より、新年メッセージ
https://tufstoday.com/articles/141212-2/
○東京外大とオリンピック
https://tufstoday.com/articles/150113-2/

◆17.YouTube TUFS Channelに2動画を公開
○TUFS Channel:「大学史:外語祭の歴史」
https://www.youtube.com/watch?v=TMaLiXa5xpM
○TUFS Channel:「大学史:東京オリンピックと外語の学生たち」
https://www.youtube.com/watch?v=NIIiqTPddmo


これからのイベント・お知らせ

◇1.11.3~1.30 企画展「東京オリンピックと外語の学生たち」開催中
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_554.html

◇2.1.21 【LUNCHEON LINGUISTICS】「現代朝鮮語の連結語尾 -ko, -s? と他動性」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/luncheon_linguistics_-ko_-s.html

◇3.1.23 大学院国際コミュニケーション・通訳専修コース主催「戦時国際法~変わりゆく戦争の性質~」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_595.html

◇4.1.23 国際機構実務講演会「国連ハビタットの活動と役割」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_569.html

◇5.1.23 語学研究所国際シンポジウム「CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠組み)の非EU諸国への拡大 -その展望と問題点-」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/cefreu.html

◇6.1.23 世界教養講座・総合講座リレー講義「アジア共同体を考える」講演会「スポーツを通じた”アジア共同体 “は可能か」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_593.html

◇7.1.26~2.7 アジア・アフリカ言語文化研究所企画展『人が自然を産み出す話「異質なものの普遍性」―中村恭子日本画作品展』
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/event/exhibitions

◇8.1.28 総合文化研究所公開研究会(第2回)「ろう文化におけるdeafness 概念」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/ics_workshop_series_2014_2.html

◇9.1.30 AA研基幹研究公開合評会(第2回)「人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/2_18.html

◇10.2.22 留学生日本語教育センター「元国費留学生が語る最前線」 第2回講演会
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_592.html

◇11.2.24 社会・国際貢献情報センター講演会「インドビジネスは今―覚醒する巨像、は本当か」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_587.html

◇12.2.26 平成26年度後期市民聴講生修了式
http://www.tufs.ac.jp/event/gakunai/26_12.html

◇13.2.26 第2回市民聴講生の集い
http://www.tufs.ac.jp/event/general/2_19.html

◇14.2.27 留学生日本語教育センターシンポジウム「日本語教育におけるCan-do指標の役割と機能」
http://www.tufs.ac.jp/common/jlc/kyoten/center/information.html

◇15.3.26 2014(平成26)年度外国語学部卒業式・学位記授与式及び大学院学位記授与式
http://www.tufs.ac.jp/event/201426_1.html


入試関係のお知らせ

◇1.大学進学説明会
大学進学説明会において東京外国語大学の説明を行います。
http://www.tufs.ac.jp/admission/opencampus/orientation.html


メールマガジンTUFS Today 第20号は以上です。次号は、2月20日送信予定です。お問い合わせ・ご意見は、下記メールアドレスまでお寄せいただけば幸いです。
tufstoday-reg@tufs.ac.jp

発行者:東京外国語大学広報マネジメント室
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
http://www.tufs.ac.jp/

Copyright (C) Tokyo University of Foreign Studies.
All Rights Reserved.