Skip to content

TUFS Today Vol.12

東京外国語大学メールマガジン

Vol. 12   2014.5.20

==目次===

  • ひとこと
  • ニュース
  • 特集: 本学のIJ交流
  • これからのイベント・お知らせ
  • 入試関連

ひとこと

東京外国語大学メールマガジン第12号をお送りします。新緑がきれいな季節になりました。新入生も大学に慣れ、勉強に部活、サークルにと励んでいることでしょう。さて、今回のTUFS Today の特集は、留学生(International student)と日本人学生(Japanese student)の交流(通称IJ交流)です。本学のIJ交流のホットな動きをお伝えします。


ニュース

◆1.チェンマイ大学副学長が本学を来訪
4月16日(水)、チェンマイ大学(タイ)のローム・チラーヌクロム副学長(国際交流担当)が宮崎恒二国際担当理事を表敬訪問し、タイ語担当の宇戸清治教授、宮田敏之教授、スニサー・ウィッタヤーパンヤーノン特任准教授らと懇談しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/416.html

◆2.韓国外国語大学校創立60周年記念式典に立石学長が出席
4月18日(金)に本学協定校である韓国外国語大学校において創立60周年記念式典が開催され、本学立石学長、金口理事、丹羽教授らが出席。立石学長が記念スピーチを行いました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/41860.html

◆3.立石学長がGlobal University Summit 2014に出席
4月24日-25日の両日、ロシアのモスクワ国際関係大学を会場に開催されたGlobal University Summit 2014に本学立石学長が招待を受け、パネル報告を行いました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/42425global_university_summit_2014.html

◆4. ヤギェロン大学との学術交流協定を締結
本学は、ポーランド最古の大学であるヤギェロン大学との学術交流協定を4月16日に締結しました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/416_1.html

◆5.留学生日本語教育センターで避難訓練を実施
4月17日、授業中に地震が発生したという想定で、留学生日本語教育センターで、教室からの避難訓練が実施されました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/417.html

◆6.留学生日本語教育センターの留学生が東京農工大学科学博物館を見学
4月25日(金)、留学生日本語教育センターで学ぶ国費留学生が、東京農工大学科学博物館を訪れました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/425.html

◆7.留学生歓迎交流会を開催
5月15日(木)、本学の大学会館で、この春28カ国・地域から集まった76名の留学生を迎え、「留学生歓迎交流会」が開催されました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/515.html

◆8.国際基督教大学とアメリカンフットボールの交流戦を開催
5月10日(土)、国際基督教大学との包括協定による学生交流の一環として、両大学のアメリカンフットボール部が、交流試合を行いました。
http://www.tufs.ac.jp/topics/510.html

◆9.TUFS Today
○「東京外大は国連Academic Impactのメンバーです」を公開
東京外大は国連Academic Impactのメンバーです
https://tufstoday.com/articles/140502-2/

○「金曜の昼は、たふこみゅへ!たふこみゅSquare、始動」を公開
https://tufstoday.com/articles/140516-2/

◆10.You TUBE:TUFS Channel-次のビデオ映像が新たに公開されました。

○平成26年度 東京外国語大学入学式 学長祝辞
平成26年4月4日、学内のプロメテウスホールで入学式が行われました。立石博高学長による式辞です。
http://www.youtube.com/watch?v=r80RvTK0lAg&feature=youtu.be


特集:本学のIJ交流

5月1日現在、本学の学部・大学院では、世界63カ国・地域から、563人の留学生を受け入れています。また、留学生日本語教育センターでは、28カ国・地域から76人の国費留学生を受け入れています。このように本学には、多様な言語・文化背景を持つ留学生が数多く学んでいます。しかし、日本人学生からは、思っていたほど留学生と交流の機会がない、また、留学生からは、日本人の友人ができないという意見が、常にありました。そこで、留学生と日本人学生の交流を推進するための学生による委員会を国際交流会館とキャンパスの両方に立ち上げました。どちらもまだできたばかりで試行錯誤を繰り返していますが、留学生、日本人学生の日常的な交流の輪は徐々に広がってきています。
2つの学生による委員会、及びその活動は以下の通りです。

○国際交流会館企画員会による交流
2013年に新たに開館した国際交流会館3号館は、日本人学生、留学生混在型の住居です。
この3号館を中心に、日本人学生・留学生による学生の委員会を組織し、定期的に委員会を開き、1号館、2号館を含めた本学の国際交流会館に居住する学生たちの交流を深めるイベントなどを企画しています。2014年度、新たな委員会が結成され、活動が始まっています。
○TUFS Intercultural Community (通称「たふこみゅ」)による活動
2012年度にキャンパスでの留学生、日本人学生の交流を深めるために学生による委員会を組織しました。2014年度に、「たふこみゅ」と名前を改め、毎週金曜日の12:00‐12:30にアゴラの1階奥の「TUFS Intercultural Square」で、多言語交流「たふこみゅFRIDAY」を実施しています。

今回ご紹介した「たふこみゅ」については、本学の情報紹介ブログ、TUFS Todayにおいても紹介されていますので、こちらも併せてご覧下さい。
https://tufstoday.com/articles/140516-2/


これからのイベント・お知らせ

◇1.2014.05.12~06.20 「静謐なる聖地――石版風景画に見る十九世紀半ばのパレスチナ・レバノン」
1851年から翌年にかけ、エルサレムを旅し、旅行記を著したオランダ人の元海軍将校ファン・デ・フェルデは、実測地図を作製し、写実的な風景を描きました。本展では、100点に及ぶ石版画のうち33点と簡略地図を高精度デジタル版で展示します。数々の国際的紛争に翻弄される前の静謐なる聖地のすがたを、どうぞご覧ください。
http://meis2.aacore.jp/event_exhibition

◇2.2014.05.29 講演会 「旧ユーゴ映画の現在」
ニューヨーク市ジャパン・ソサイエティーで映画部門のディレクターを務め、著書『天皇と接吻――アメリカ占領下の日本映画検閲』で川喜多賞と日本映画ペンクラブ賞を受賞された平野共余子氏に、旧ユーゴ地域の話題の映画についてお話しいただきます。
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_498.html

◇3. 2014.05.31 FINDAS国際ワークショップ 「’Untouchability’ in India and Japan: Labour and Space」
東京外大拠点(FINDAS)では、5月31日(土)に「’Untouchability’ in India and Japan: Labour and Space」と題して国際ワークショップを開催いたします。
http://www.tufs.ac.jp/event/general/_untouchability_in_india_and_japan_labour_and_space.html

◇4.2014.06.03第1回FINDAS研究会「Dalit Studies Today」
東京外国語大学拠点(FINDAS)では、ダリト研究者を招聘し、研究会「Dalit Studies Today」を6月3日(火)に開催いたします。本研究会は、科研「近現代インドにおける食文化とアイデンティティに関する複合的研究」(基盤(B)代表:井坂理穂)との共催となります。
http://www.tufs.ac.jp/event/general/1findasdalit_studies_today.html

◇5.2014.06.10公開セミナー「アフリカ入門」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_504.html

◇6.2014.07.29 -30 2014 (平成26) 年度 東京外国語大学 世界史セミナー ―世界史の最前線 VI―
http://www.tufs.ac.jp/event/general/2014_26_vi.html


入試関係のお知らせ

◇1.「がんばれ受験生!」更新
http://www.tufs.ac.jp/blog/is/g/nyushika/

◇2.平成26年度入学者選抜の実施状況・合格者平均点等を公開
http://www.tufs.ac.jp/topics/26_7.html

◇3.2015年度(平成27年度)東京外国語大学国際社会学部帰国生特別入試について
東京外国語大学国際社会学部では、外国の教育制度に基づく教育機関において長期にわたり中等教育を受けた生徒を対象に、入学志願者の教育を受けるにふさわしい能力、適性等を多面的に判定する帰国生特別推薦入試を2015年度(平成27年度)入試より実施します。
http://www.tufs.ac.jp/topics/201527.html

◇4.平成26年度体験授業の開催日程等について
http://www.tufs.ac.jp/event/examination_topics/26_4.html

◇5.「高校教員説明会」の開催のご案内
東京外国語大学では、「高校教員説明会」を開催いたします。
http://www.tufs.ac.jp/event/examination_topics/nyushi_20140409_1.html

◇6. 「学部入試説明会」の開催のご案内
東京外国語大学では、「学部入試説明会」を開催いたします。
http://www.tufs.ac.jp/event/examination_topics/nyushi_20140409_2.html

◇7.神田外語大学との合同での高大連携事業
東京外国語大学と神田外語大学は、高等学校や中等教育学校に在学する皆さんのうち、将来、グローバルな国際社会で活躍したい皆さんを対象に、グローバル人材に不可欠なものを知ってもらうことを目的とする高大連携事業を共催で開催する運びとなりました。
http://www.tufs.ac.jp/blog/is/g/sr/

◇8. オープンキャンパスのご案内
2014年度(平成26年度)のオープンキャンパスを下記の日程で開催いたします。
第1回 7月26日(土)
第2回 11月22日(土)
http://www.tufs.ac.jp/admission/opencampus/campus/


メールマガジンTUFS Today 第12号は以上です。次号は、6月20日送信予定です。お問い合わせ・ご意見は、下記メールアドレスまでお寄せいただけば幸いです。
tufstoday-reg@tufs.ac.jp

発行者:東京外国語大学広報マネジメント室
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
http://www.tufs.ac.jp/

Copyright (C) Tokyo University of Foreign Studies.
All Rights Reserved.