コンテンツへスキップ

TUFS × ウクライナ

〜「在日ウクライナ大使講演会」「ウクライナ写真展」開催記念〜

2019.4.18公開

2019年4月18日(木)〜25日(木)までの1週間、東京外国語大学 研究講義棟1階ガレリアにて「ウクライナ写真展」を、4月25日(木)に研究講義棟115教室にて在日ウクライナ大使による講演会を開催します。これを記念して、本学のウクライナ研究やウクライナ語教育などについて、TUFS Today特集でご紹介します。

line_201709_02

「ウクライナ写真展」の様子

 
19041902

line_201709_02

ヨーロッパの「秘境」ウクライナ

ukraine201904_04

21世紀の今もなお知られざるヨーロッパの「秘境」ウクライナ。

ウクライナは、自然や文化、そして人が豊かで魅力的ですが、まだ素顔が知られていない、いわば現代の秘境です。

コサックダンス、穀倉地帯が有名ですが、実は首都キーウは、かつてヨーロッパ最大の都市でした。

チャイコフスキー音楽の源泉の一つもここにあり、ボルシチも本来ウクライナ料理です。

親日国ウクライナは、ヨーロッパを知る上でも、鍵となります。

ロマンチックな「愛のトンネル」も世界中の話題となっています。

イーホル・ハルチェンコ在日ウクライナ大使講演会

Microsoft PowerPoint - ウクライナ大使講演チラシ.pptx日時:2019年4月25日(木)17:40-19:10
会場:東京外国語大学 研究講義棟115教室

題目「ウクライナ―ヨーロッパのユニークな国、そして信頼できる日本のパートナー」
講演者:イーホル・ハルチェンコ在日ウクライナ大使

使用言語:ウクライナ語(日本語通訳あり)
一般公開、入場無料
共催:東京外国語大学総合文化研究所、科学研究費補助金基盤研究(B)課題番号18H00656(代表:沼野恭子)

【注意】4/21にウクライナ大統領選決選投票が予定されています。その後のウクライナ国内情勢によっては、講演者が急遽交替する可能性もあります。あらかじめご了承ください。

ウクライナ写真展

日時:2019年4月18日(木)〜 4月25日(木)8:00-20:00
※土日は閉館
会場:東京外国語大学 研究講義棟1階 ガレリア

写真は展示写真の一例(ウクライナ大使館提供)

line_201709_02

TUFS×拠点オフィスGJO

2017年9月、本学は、ウクライナ最古の大学・イヴァン・フランコ記念リヴィウ国立大学(リヴィウ大学)に日本語・日本研究に関する情報を発信するための拠点オフィス「Global Japan Office」を開設しました。開所式は、2017年9月14日(木)に、ウクライナと日本の国交樹立25週年に合わせて設定された「ウクライナにおける日本年」事業として日本国大使館の認定を受けて実施されました。 >トピックス記事:ウクライナ・リヴィウ大学にGJO開設

170922_1

●リヴィウ大学の概要等
国立の総合大学で、創立以来350年以上の歴史を有するウクライナ最古の大学で、同国トップレベルの高等教育機関です。リヴィウをはじめウクライナでは日本語の人気が高く、1992年には文学部に日本語コースができ、2003年に専攻に発展しました。現在講座主任を務めるオレスタ・ザブランナ准教授は、東京外大への留学経験があります。今後のウクライナ国内の日本語教育の拠点となることが期待されます。

●オフィスの概要等
○設置場所:リヴィウ大学文学部内の一室
○スタッフ:現在、ウクライナに長期研究滞在中の東京外大の大学院生がコーディネーターとして常駐
○オフィスの主な役割:
・日本語教育などのJoint Education Program(共同授業)など両大学間の教育交流の促進
・日本紹介のイベントや日本語補習の課外活動の提供など

line_201709_02

TUFS×ウクライナ留学

毎年数人のTUFS生がウクライナへの留学を経験しています。昨年度の夏学期にも、4名のTUFS生がリヴィウ大学の3週間のサマースクールに参加しました。

ukraine201810_1

サマースクールでは、ウクライナ語の授業のほか、文化や歴史に関する講義や糸巻き人形「モータンカ」作りの体験教室にも参加したそうです。体験の場を大学の外にも広げ、市内のレストランで行われたウクライナ料理教室できのこスープとデルネィー(じゃがいもから作るお好み焼き風の料理)を作ったり、ハレィチナー青少年創作センターのいろいろな教室の見学も行いました。リヴィウ大学の先生方と一緒に、フジコ・ヘミングさんのコンサートを聴きに行ったりもしたそうです。

《留学者数》
2017年度 2名(短期留学)
2018年度 4名(短期留学)

line_201709_02

TUFS×ウクライナ語

ウクライナ語を専攻課程として設置している大学は日本にはありませんが、東京外国語大学では、古くからウクライナ語の授業を平常授業として開設しています。

今年度2019年度は、3学部共通の科目(世界教養プログラム)として、次の授業を開講します。

世界教養プログラム:世界のことばB「ウクライナ語」

担当教員:小川暁道
開講学期:秋学期
曜日時限:金曜日5限
シラバス:https://gakumu-web1.tufs.ac.jp/Portal/Public/Syllabus/DetailMain.aspx?lct_year=2019&lct_cd=180128

TUFSオープンアカデミー(公開講座):ウクライナ語

course-404-1このほか、社会人講座として、広く学外の方もウクライナ語が学習できるよう、2009年度から「TUFSオープンアカデミー」においてウクライナ語講座を開講しています。2019年度には、初級クラスのほか、中級クラスとレベルの高いクラスも2講座開講しています。

オープンアカデミー「ウクライナ語」の詳細はこちら
https://tufsoa.jp/course/list/

講師は、ウクライナ語第一人者で本学名誉教授の中澤英彦先生や、ロシア語学・ウクライナ語学者の小川暁道先生が担当しています。

line_201709_02