Skip to content

国際スポーツボランティアの育成、はじめます!

2017-06-05公開、2017-06-26更新

2019年にはラグビーのW杯が、翌年には東京においてオリンピック・パラリンピックが開催されます。そのほかにも、近年のマラソンブームで、日本でも国際的なマラソン大会が多数開催されていますし、国際的な各種スポーツ大会がたくさん誘致されています。

東京外国語大学には、言語能力に長けその言語が使用されている地域の社会や文化を深く理解する学生がたくさんいます。国際スポーツ大会においてもさまざまな場面で活躍できるはず。国内にいながら国際的な舞台をサポートするチャンスにもなります。

そこで、東京外国語大学では、国際スポーツ大会に向けて、さまざまな企画を始めます。まずは、2019ラグビーW杯、2020東京、に向けて、国際スポーツ大会に関わる基本的知識を習得することから始めます!

170605-2_voluntia-01

b_illust_3_4L

 

近く開催が予定されている企画

 

講座「オリンピック・パラリンピックを考える」【在学生・卒業生向け、全6回(個別参加OK!)】

特別講演「ラグビーワールドカップ2019がやってくる!~大規模スポーツ大会と国際交流~」講演者:徳増浩司氏(アジアラグビー会長ほか)【一般公開】

オープンアカデミー「東京2020オリンピック・パラリンピック講座」【有料公開講座、全5回】

 

b_illust_3_4L

 

170605-2_voluntia-02 

全6回で「オリンピック・パラリンピックを考える」講座を開講します。本学学生・卒業生を対象とした講座です。

第4回のテーマは、持続可能性(サステナビリティ)!

.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

日時:2017年10月25日(水)18:00-19:30

会場:東京外国語大学 研究講義棟114教室

講演者:田中丈夫 氏( 組織委員会大会準備運営第一局持続可能性部長 )

コメンテーター:長谷部 美佳 特任講師(東京外国語大学世界言語社会教育センター)

対象:本学学生*、卒業生(言語文化サポーター含む)

内容:持続可能性とは(経緯や概念の整理)/オリンピックと持続可能性の関係(IOCの方針、過去大会、NGOとの関係)/東京2020大会について(目標、施策、持続可能性に配慮した調達コード)

その他:予約不要、入場無料

*「オリンピック・パラリンピックを考える」(全6回)の受講歴は、今後学内で国際イベントにおけるボランティアを募集する際に、選考基準として活用します。

.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

シリーズのラインナップ

日程 内容・講師ほか 会場
1 2017年6月7日(水)
18:00-19:30
「”リオ”でのボランティア実体験を語る!」

講師:本学リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックボランティア経験者

コメンテーター:鶴田知佳子先生(東京外国語大学総合国際学研究院教授)

内容:リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック2016で通訳ボランティアを経験した学生が、現地での活動を通しての体験や思いを語る

当日のレポート

東京外国語大学 研究講義棟 114教室
2 2017年6月21日(水) 「パラリンピック/アクセシビリティ」

講師:仲前信治氏(組織委員会パラリンピック統括課長)

コメンテーター:友常勉先生(大学院国際日本学研究院教授)

内容:東京 2020 パラリンピック競技大会開催を通じての共生社会の実現 パラリンピックムーブメント、パラリンピックの歴史 東京 2020 大会におけるアクセシビリティ

当日のレポート

東京外国語大学 研究講義棟114教室
3 2017年7月5日(水) 「オリンピックとボランティア」

講師:舛本 直文 氏(JOA副会長 / 首都大学東京 特任教授)

コメンテーター:長谷部美佳先生(ボランティア活動スペース(VOLAS 室長))

内容:ロンドンのボランティア体験/北京のボランティア教育 世界選手権のボランティア/ボランティアと外国語

☆当日のレポート

東京外国語大学 研究講義棟114教室
4 2017年10月25日(水) 「オリンピックと持続可能性(サステナビリティ)」

講師:田中丈夫 氏( 組織委員会大会準備運営第一局持続可能性部長 )

コメンテーター:長谷部美佳先生(東京外国語大学世界言語社会教育センター特任講師)

内容:持続可能性とは(経緯や概念の整理)/オリンピックと持続可能性の関係(IOCの方針、過去大会、NGOとの関係)/東京2020大会について(目標、施策、持続可能性に配慮した調達コード)

東京外国語大学 研究講義棟114教室
5 2017年12月20日(水) 「オリンピックとジェンダー」

講師:荒井啓子 氏 ( 学習院女子大学 教授 / JOA専務理事 )

コメンテーター:小田原琳先生(大学院総合国際学研究院講師)

内容:性別で種目が分けられるスポーツ、この是非とは?

東京外国語大学 研究講義棟114教室
6 2018年1月17日(水) 「オリンピックと政治・外交」

講師:望月敏夫 氏( 元駐ギリシャ大使 / JOA理事 )

コメンテーター:春名展生先生(大学院国際日本学研究院講師)

内容:オリンピックを通して表出される政治のありさま

東京外国語大学 研究講義棟114教室

*「オリンピック・パラリンピックを考える」(全6回)の受講歴は、今後学内で国際イベントにおけるボランティアを募集する際に、選考基準として活用します。

 

b_illust_3_4L

 

170605-2_voluntia-03

 

オリンピックの前年、2019年秋には、ラグビーワールドカップが日本全国で開催されます。今回は、ラグビーワールドカップ2019組織委員会から徳増浩司氏をお招きし、大会の概要を聞きながら、私たちが通訳ボランティア等としてどのように関わっていけるかの可能性について、実体験を交えたお話をお伺いします。

ラグビーワルドカップ2019組織委員会の徳増浩司氏が講演!

※本講座は終了しました。

当日のレポート

.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

スクリーンショット 2017-06-27 11.25.58日時:2017年7月7日(金)17:40-19:10

会場:東京外国語大学 研究講義棟115教室

テーマ:ラグビーワールドカップ2019がやってくる!~大規模スポーツ大会と国際交流~Rugby World Cup 2019 in Japan and TUFS

講演者:徳増 浩司 氏(アジアラグビー会長、ラグビーワールドカップ2019組織委員会事務総長特別補佐、日本ラグビーフットボール協会特任理事)

対象:一般公開(本学学生*、卒業生(言語文化サポーター含む))

その他:予約不要、入場無料

* 本講演会の受講歴は、今後学内で国際イベントにおけるボランティアを募集する際に、選考基準として活用します。

.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

 

b_illust_3_4L

 

170605-2_voluntia-04

 

スクリーンショット 2017-06-27 11.28.34※本講座は終了しました。

東京外国語大学は、開かれた学術的な生涯学習の場として、「TUFSオープンアカデミー」を開設しています。

オープンアカデミーでは、今年度夏期間講座として、「東京2020オリンピック・パラリンピック講座」を開講します。オリンピックおよびパラリンピックの理想や歴史に関する理解を深めるとともに、現代社会におけるその課題について考えます。

講座を受講するためには、2017年7月14日(金)までに受講申し込みをする必要があります

詳細は、オープンアカデミーウェブサイトをご確認ください。

http://www.tufs.ac.jp/common/open-academy/index.html

講座名 東京2020 オリンピック・パラリンピック講座 S17024
会場名 府中キャンパス 曜日・時間  18時30分~20時
開講日 2017年7月31日、8月1日、8月2日、8月3日、8月4日
講師 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会 組織委員会からの派遣講師(調整中)
受講対象者 特になし
講座説明 オリンピックおよびパラリンピックの理想や歴史に関する理解を深めるとともに、現代社会におけるその課題について考えます。

内 容(予定):

  • 古代オリンピックの歴史と精神
  • パラリンピックの理念と歴史
  • オリンピックと環境
  • オリンピックと報道
  • 東京2020大会の概要
テキスト プリント配布
回数 全3回 受講料 4,500円/ 優待者 1,500円*

*「優待者」とは
東京外国語大学在学生・東京外語会正会員(応募時点)、建学150周年基金2万円以上の寄附者(応募時点から起算して過去2年)

開講形式 リレー講義 定員 50名

 

b_illust_3_4L

 

お問い合わせ先

東京外国語大学 総務企画課広報係

E-mail:soumu-koho[at]tufs.ac.jp([at]を@に変えて送信ください)