Skip to content

連続講演会「国際日本研究の現在−文学・文化・社会」

2016.10.18公開

東京外国語大学大学院国際日本学研究院では、10月より来年2月にかけて「国際日本研究」と題する連続講演会「国際日本研究の現在−文学・文化・社会」(全9回)シンポジウム「言葉・物・世界」を行います。

連続講演会は、言語・文化・文学・社会にわたる「日本」に関わる幅広い領域を、CAASユニットを中心とした協定校をはじめとする海外研究機関との協力のもとで国際的な視野から研究していく大学院国際日本学研究院の特質に沿う形で、一つの分野に限らず多方面における第一線の専門家を招いてその研究の一端を話していただくことで、最先端の知見が聴衆に示されるとともに、本研究院の教員・院生・学生にも広く刺激を与えることが期待されます。

連続講演会につづいて2017年2月にシンポジウム「言葉・物・世界」を開催します。これは、2017年が夏目漱石と正岡子規の生誕150周年に当たっていることもあって、企画したものですが、日本が本格的に国際社会に直面した明治という時代を生き抜き、言葉を手だてとする表現によって「世界」と交わろうとした二人の文学者を対象とするシンポジウムで、連続講演会の趣旨・内容とも強い連関をもち、本学の教員三名とCAASユニット教員を含む海外からの二人の登壇者がそれぞれの視点から行う発表は、まさに「国際日本研究の現在」の雛形ともいうべき意味をもっているといえます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-5-25-54

第3回は、建築史がご専門の井上章一先生

講演題目「ソビエト史学と日本の歴史

2016年12月10日(土)13:00-14:30(12:30開場)@東京外国語大学 研究講義棟115教室

一般公開、事前申込不要、使用言語:日本語、入場無料

国際日本学研究院の早津研究院長よりご紹介:10月24日から始まった連続講演会「国際日本研究の現在―文学・文化・社会」の第3回目として、国際日本文化研究センターの井上章一先生の講演会を行います。演題は「ソビエト史学と日本の歴史」です。えっ、なぜあの井上先生がこのタイトルで? と思われた方も多いと思います。井上先生はご専門の建築史はもちろん風俗史研究者としてのご活躍も広く知られていますが、それにしても、ソビエト史学…??? 先生からいただいているお言葉によると、「やや、かたよりのある報告です。ただ、ちょっと盲点をつける話にはなるかな、と自負しております」とのことです。どんなお話しがうかがえるのでしょう……。

ご著書の一部:『つくられた桂離宮神話』(1986、弘文社、サントリー学芸賞)、『霊柩車の誕生』(1984、朝日新聞社)、『法隆寺への精神史』(1994、弘文堂)、『南蛮幻想-ユリシーズ伝説と安土城』(1999、文芸春秋、芸術選奨文部大臣賞)、『伊勢神宮』(2009、講談社)………… 『美人論』(1991、リブロポート)、『美人コンテスト百年史―芸妓の時代から美少女まで』(1992、河出房新社)、『キリスト教と日本人』(2001、講談社現代新書年)、『パンツが見える。―羞恥心の現代史』(2002、朝日選書)、『ハゲとビキニとサンバの国-ブラジル邪推紀行』(2010、新潮新書)、『京都ぎらい』(2015、朝日新書、『中央公論』新書大賞)、等

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e7%ab%a0%e4%b8%80%e5%85%88%e7%94%9fプロフィール:1955年生まれ。国際日本文化研究センターの前副所長。国内外で著名な建築史家であり、これまでに『つくられた桂離宮神話』(1986、弘文社)でサントリー学芸賞、『南蛮幻想-ユリシーズ伝説と安土城』(1999、文芸春秋)で芸術選奨文部大臣賞、2015年には『京都ぎらい』(朝日新書)で『中央公論』新書大賞を受賞している。また、独自の視点から日本文化を分析・解明する風俗史研究でも知られ、『美人論』(1991、リブロポート)、『パンツが見える。―羞恥心の現代史』(2002、朝日選書)等、多彩な著作がある。

 


第4回は、日本文学研究者のダミアン・フラナガン先生

講演題目「小泉八雲の『心』から夏目漱石の『心』へ

2016年12月22日(木)17:40-19:00(17:00開場)@東京外国語大学 研究講義棟227教室

一般公開、事前申込不要、使用言語:日本語、入場無料

講演要旨:小泉八雲の『心』と夏目漱石の『心』は、それぞれ、日本近代文学の最高傑作だが、一見したところでは無関係に見える。しかし、本当にそうであろうか。八雲と漱石は東京帝国大学の英文学講師で、前任者・後任者の関係にあった。その講義が東大の学生たちに高く評価された八雲が解雇され、漱石が八雲の代わりに就任したことが、『三四郎』の広田先生をめぐる学生運動にも反映されている。漱石はロンドンの留学生時代から、八雲の存在を深く意識していた。では一体どういう形で「八雲」が夏目漱石の文学に現れているだろうか。外国人の目をとおして、日本人の外の様子を観察し、日本人の『心』をつかもうとする八雲の『心』は明治28年(1895年)に発表された。そして、大正3年(1914年)、1人の日本人の閉ざされた内面の苦悩を追求する夏目漱石の『心』が発表される。その間の19年間、日本では何が起きていたのか。この講演会で、斬新な「小泉・漱石論」を展開する!

%e3%83%80%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%8a%e3%82%ac%e3%83%b3プロフィール:1969年、イギリス・マンチェスター生まれ。マンチェスター・グラマー・スクールを卒業後、1987年から5年間、ケンブリッジ大学のモードリン・カ レッジに在籍。1989年から1990年にかけて、東京の国際基督教大学で1学期を過ごし、京都に引っ越し、1年留学。ケンブリッジに帰って、英文学が専 攻となった。1993年から6年間、神戸大学で研究活動。日本文学の修士課程・博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェス ターに住まいを持ち、著作活動に専念。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-5-25-54

連続講演会+シンポジウム「国際日本研究の現在—-文学・文化・社会—-」全日程

日程 講演者名 会場
1 2016年10月24日(月)
17:40-19:00
(17:00開場)
リービ英雄(作家)levy%e5%86%99%e7%9c%9f
「翻訳と創作の人生」講演要旨:『万葉集』の研究と翻訳で出発したリービ英雄氏は古代の日本語の世界に分け入り、日本人の情感と感性を歌った『万葉集』の全歌を鮮やかな英語に移した業績で全米図書賞を受賞している。1990年代からは日本語での小説の創作を手がけ、『星条旗の聞こえない部屋』で野間文芸新人賞を、『千々にくだけて』で大佛次郎賞を受賞するなど高い評価を受け、現代を代表する作家の一人として活躍している。その幅広い領域での表現活動の軌跡と全容を語る。
東京外国語大学 研究講義棟 101教室
2 2016年11月12日(土)
13:00-14:30
(12:30開場)
%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%85%88%e7%94%9fクリストファー・ガータイス(ロンドン大学SOAS・日本近現代史)
「イギリス・アメリカで日本について教えること―なぜ外国で日本を勉強するのか」講演要旨:ヨーロッパ諸国やアメリカでは、毎年、数千人もの学生が日本について何かを勉強しています。日本文化や社会についての講義を一コマだけとる学生もいれば、3・4年間か、あるいはそれ以上の年月を費やして日本語を勉強する学生もいます。 これはなぜでしょうか?なぜ海外の学生は日本について何かを知ろうとするのでしょうか?学生たちはいったい、何を知りたいと望んでいるのでしょうか?日本・日本語の知識は学生たちの人生にどんな意味があるのでしょうか。この講演では、私たちがすでに知っていることだけでなく、これまであまり知られてこなかった、日本について勉強するイギリス・アメリカの若者像の一端を紹介しようとするものです。
東京外国語大学 本部管理棟大会議室
3 2016年12月10日(土)
13:00-14:30
(12:30開場)
井上章一(国際日本文化研究センター・建築史)
「ソビエト史学と日本の歴史」
東京外国語大学 研究講義棟115教室
4 2016年12月22日(木)
17:40-19:00
(17:00開場)
ダミアン・フラナガン(日本文学研究者)
「小泉八雲の『心』から夏目漱石の『心』へ」
東京外国語大学 研究講義棟227教室
5 2017年1月10日(火)
17:40-19:00
(17:00開場)
キース・ヴィンセント(ボストン大学・日本近代文学)
「子規と漱石―俳句と憑依」
東京外国語大学 研究講義棟226教室
6 2017年1月17日(火)
17:40-19:00
(17:00開場)
寺田澄江(仏国立東洋言語文化大学INALCO・日本古典文学)
「日本文学をフランスで研究すること、教えること」
東京外国語大学 研究講義棟226教室
7 2017年1月21日(土)
13:00-14:30
(12:30開場)
池上嘉彦(言語学者)
「日本語は<悪魔の言語>という言説をめぐって―文化的偏見、言語的相対論、言語の進化との関連での考察」
東京外国語大学 留学生日本語教育センター さくらホール
8 2017年1月30日(月)
16:00-17:30
(17:00開場)
タイモン・スクリーチ(ロンドン大学SOAS・美術史)
「伊勢物語『東下り』―ー江戸絵画におけるその政治的意匠」
未定
9 2017年2月1日(水)
16:00-17:30
(17:00開場)
イリス・ハウカンプ(ロンドン大学SOAS・映画研究)
「良い歴史/悪い歴史―戦時期、映画は過去をどう表象したか、そのイデオロギー的階級性」
未定
10 2017年2月11日(土)
13:00-14:30
(12:30開場)
生誕150周年記念漱石/子規 シンポジウム「言葉・物・世界」

王志松(北京師範大学)
スティーヴン・ドッド(ロンドン大学SOAS)
柴田勝二(東京外国語大学)
村尾誠一(東京外国語大学)
菅長理恵(東京外国語大学)
司会:友常勉(東京外国語大学)

東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 大会議室(303)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-5-25-54

お問い合わせ

東京外国語大学 国際化拠点室

TEL:042-330-5829、E-mail:caas_admin[at]tufs.ac.jp([at]を@に変えて送信ください)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-5-25-54

会場アクセス

tama_map

◆JR中央線

「武蔵境」駅のりかえ 西武多摩川線「多磨」 駅下車 徒歩5分(JR新宿駅から約40分)

◆京王電鉄

「飛田給」駅北口より多磨駅行き京王バスにて約10分「東京外国語大学前」下車

campusmap_img_01

研究講義棟:9番、本部管理棟:4番、アジア・アフリカ言語文化研究所:6番、留学生日本語教育センター:10番